★飲食店・居酒屋開業手続き・申請実践マニュアル

事業計画書作成マニュアル【改訂】

フランチャイズで開業する時の資金調達

フランチャイズ加盟して、飲食開業する場合、開業資金国民生活金融公庫国金)などから借入れすることが出来ます。

この場合、自分で作成した事業計画書が必要です。
フランチャイズ本部でも、売上・損益見通しなどを出してくれると思いますが、ご自分で確信できる数値でなくてはいけません。

また、自己資金も総資金の20%以上が目安です。
これより、少ない自己資金比率だと、借入れは難しいでしょう。

フランチャイズ本部によっては、独自の融資制度を持っているろころもあります。フランチャイズの本部とも相談されると良いでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28802518

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。