★飲食店・居酒屋開業手続き・申請実践マニュアル

事業計画書作成マニュアル【改訂】

カフェ、喫茶店の開業

カフェ喫茶を開業する場合、繁華街に出すのと、住宅街で営業するのと、対象とするお客さま、店の作りがまったく異なります。

ビジネスマンがちょっとコーヒーを飲むのと、家庭の主婦が、ゆっくりとくつろいで、おしゃべりを楽しみながら、しゃれたコーヒーカップに入ったコーヒーなどを味あるのとでは、アプローチの仕方が違います。

 同じ繁華街の喫茶店でも、
・イスとスタンド形式のセルフスタイルのカフェ、
・お昼はカフェ、夜はバーに変化するカフェ、
・商談がゆっくりできるような高級喫茶、
・女性客中心のしゃれたカフェ
・健康志向の素材を使ったカフェ
・豊富なランチメニューを提供するカフェ
      ・・・・・

このように、同じカフェ、喫茶でも色々なタイプがあります。
飲食という業種の中に、ターゲット、提供するスタイルなどが違う業態があるのです。

フランチャイズ本部も一つの業態でなく、ターゲットに合ったいくつかのフランチャイズパッケージを提供しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28821855

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。