★飲食店・居酒屋開業手続き・申請実践マニュアル

事業計画書作成マニュアル【改訂】

飲食業フランチャイズ加盟のポイント

飲食店フランチャイズ開業する場合も、一般の独立開業同様、入念な準備と自己責任が大前提です。

フランチャイズ本部を当てにしすぎて、自助努力を怠ると、成功は難しいですし、「話が違う」と裁判所に訴えたところで、ほとんど勝ち目はありません。

一方、フランチャイズをうまく活用すれば、成長分野でもすぐにビジネスを立ち上げることが出来ます。ノウハウ・方法とスピードをお金で買うことができるのです。

フランチャイズ加盟にあたっては、「契約書をじっくり読んで、内容をしっかり理解してから」加盟契約書に印鑑を押してください。

特に、「●●費」などの費用関連項目は、赤字でチエックし内容・範囲をしっかりと確認すること、また、解約時に違約金、リース残金などを払わなくてはいけないので、解約時のことについても最初に確認してください。

日本人は、「契約」にあまり慣れていない面がありますが、フランチャイズ加盟は契約がすべてです。
納得の上で、加盟を決めてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。