★飲食店・居酒屋開業手続き・申請実践マニュアル

事業計画書作成マニュアル【改訂】

飲食店開業に必要な資格、届出

居酒屋カフェ喫茶店など飲食店開業する場合、いくつか事前の手続き届出が必要です。

まず、開業にあたっては、所轄の保健所(食品衛生法)、消防署(消防法・都道府県条例)への検査を受け、営業許可書を取らなければなりません。フロア企画、給排水設備、換気能力など、いくつかチェック項目がありますので、店舗の改装工事図面が出来た段階で、早めに窓口に相談に行かれることをおすすめします。

また、営業許可をもらうには、それ以外に、調理師)がいることが必要です。都道府県知事の免許を受けた、調理業務に携わることのできる調理師のことを言います。

また、米飯を提供する時は、米飯提供店の登録が必要ですので、市町村で登録を済ませてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。