★飲食店・居酒屋開業手続き・申請実践マニュアル

事業計画書作成マニュアル【改訂】

繁盛飲食店は開業、経営の基本がしっかりしている


★飲食店を開業するなら!★


成功店舗が続々!楽天市場が成功店舗の秘訣を公開!詳細はこちら


飲食店の独立開業、経営で成功するには、基本ポイントをしっかりとマスターしておく必要があります。

フランチャイズでなくても、儲かっている飲食店、良い飲食店と言うのは、他とは違う、優れた特徴、マネジメントのノウハウ、マーケティングのやり方を持っています。

飲食業界においては、カフェ・喫茶店、ラーメン店、居酒屋などでは、例えばメニュー構成が変っていたり、料理の味が美味しかったり、店の雰囲気・イメージが良かったり・・・

でも、よく見ると、良いお店は経営の基本がしっかりしています。
とりわけ、接客サービスのマニュアル、ノウハウを持っています。

アルバイト、パートなど店員さんがお客様に接する時の言葉使い、挨拶の仕方など教育がしっかりしています。

一流のフランチャイズ・チェーン本部に加盟すれば、メニューやアルバイト従業員教育などの独立開業、マーケティング、ビジネスの基本、事業計画書が出来上がっているので、それのノウハウなどをすぐに活用できます。資金の借入、融資のサポートもしてもらえます。

良いフランチャイズを選べば、スピードのある店舗立上げ、その後の経営が可能となります。

自分でパパッとできるはじめての飲食店開業&経営 (CD-ROM付)

飲食店の事業計画書の書き方


★飲食店を開業するなら!★


飲食店開業経営改善に際し、事業計画書作成する場合、必ず販売計画、仕入計画、売上・収支計画などが必要ですが、飲食店の独立開業において忘れてはいかないことがあります。

事業計画書では、自店(自社)の事業内容を他と差別化する必要がありますが、飲食店の場合には、それは「メニュー」になります。

メニューを見れば、どのような料理を、いくらの値段で提供するか、またそれは、お客様を引き付ける力を持っているかが、分かります。

メニューの無い飲食店の事業計画書は、不充分です。
あなたの考えているメニューを事業計画書の中に、必ず盛り込んでください。

自分でパパッとできるはじめての飲食店開業&経営 (CD-ROM付)

飲食店に必要な業務用厨房機器などの調達

strong>業務用厨房機器設備調理器具食器類などの設備・用具を効率よく調達しましょう。
こうした商品は高品質のものを、安価で調達することが、飲食店経営の成功の秘訣です。

業務用厨房機器なども、インターネット販売通販で、良い商品が見つかります!東京大阪福岡など、どこの地域のからでも、購入OK!!、
メーカー新品中古リサイクル品業務用厨房機器など種類、価格も豊富!メンテナンスなどのアフターサービスについては、事前に確認ください。
↓ ↓ ↓

楽天ランキングから探す!

飲食店開業に必要な資格、届出

居酒屋カフェ喫茶店など飲食店開業する場合、いくつか事前の手続き届出が必要です。

まず、開業にあたっては、所轄の保健所(食品衛生法)、消防署(消防法・都道府県条例)への検査を受け、営業許可書を取らなければなりません。フロア企画、給排水設備、換気能力など、いくつかチェック項目がありますので、店舗の改装工事図面が出来た段階で、早めに窓口に相談に行かれることをおすすめします。

また、営業許可をもらうには、それ以外に、調理師)がいることが必要です。都道府県知事の免許を受けた、調理業務に携わることのできる調理師のことを言います。

また、米飯を提供する時は、米飯提供店の登録が必要ですので、市町村で登録を済ませてください。

開業をフランチャイズで加速できる!

飲食開業経営していく上での、有力な方法として、フランチャイズへの加盟があります。

しっかりとしたフランチャイズチェーン本部加盟すれば、飲食の開業、経営仕方ノウハウを提要しくれるため、開業のスピードが加速でき、飲食経営の成功確率も高くなります。経営の悩みも相談にのってもらえます。

自分で単独で出したいという強い望みがある場合は別ですが、飲食業フランチャイズ本部への加盟で、開業と経営のノウハウ、方法をスピードをお金で買うことが出来るのです。

フランチャイズ加盟は自己責任で!

フランチャイズチェーン加盟で開業する場合も、一般の独立開業同様、自己責任が大原則です。

フランチャイズ本部を当てにしすぎ、飲食店開業後、自助の経営努力を怠ると、成功は難しいですし、フランチャイズに加盟してから、「話が違う」と裁判所にフランチャイズ本部を訴えたところで、加盟店側は、ほとんど勝ち目はありません。

世界最大のディスカウントスーパー「ウォルマート」の創業者でさえ、フランチャイズに加盟して、ビジネスを拡大させていた時期がありました。

フランチャイズに加盟する際に、最も重要なことは、フランチャイズに加盟する前に、「契約書をじっくり読んで、内容を充分理解してからフランチャイズ加盟契約書に印鑑を押すこと」です。

特に、「●●費」などの費用、予算関連項目は、赤字でチエックし、内容・範囲をしっかりと確認すること、また、フランチャイズ解約時に違約金、リース残金などを払わなくてはいけないので、解約時のことについても加盟前に確認しておいてください。

日本人は、「契約」にあまり慣れていない面がありますが、フランチャイズ加盟は契約がすべてです。納得の上で、フランチャイズへ加盟を決めてください。

こうした慎重な態度は、フランチャイズへの加盟側にとっても、本部にとっても好ましい関係を作るはずですから。

飲食業フランチャイズ加盟のポイント

飲食店フランチャイズ開業する場合も、一般の独立開業同様、入念な準備と自己責任が大前提です。

フランチャイズ本部を当てにしすぎて、自助努力を怠ると、成功は難しいですし、「話が違う」と裁判所に訴えたところで、ほとんど勝ち目はありません。

一方、フランチャイズをうまく活用すれば、成長分野でもすぐにビジネスを立ち上げることが出来ます。ノウハウ・方法とスピードをお金で買うことができるのです。

フランチャイズ加盟にあたっては、「契約書をじっくり読んで、内容をしっかり理解してから」加盟契約書に印鑑を押してください。

特に、「●●費」などの費用関連項目は、赤字でチエックし内容・範囲をしっかりと確認すること、また、解約時に違約金、リース残金などを払わなくてはいけないので、解約時のことについても最初に確認してください。

日本人は、「契約」にあまり慣れていない面がありますが、フランチャイズ加盟は契約がすべてです。
納得の上で、加盟を決めてください。

カフェ、喫茶店の開業

カフェ喫茶を開業する場合、繁華街に出すのと、住宅街で営業するのと、対象とするお客さま、店の作りがまったく異なります。

ビジネスマンがちょっとコーヒーを飲むのと、家庭の主婦が、ゆっくりとくつろいで、おしゃべりを楽しみながら、しゃれたコーヒーカップに入ったコーヒーなどを味あるのとでは、アプローチの仕方が違います。

 同じ繁華街の喫茶店でも、
・イスとスタンド形式のセルフスタイルのカフェ、
・お昼はカフェ、夜はバーに変化するカフェ、
・商談がゆっくりできるような高級喫茶、
・女性客中心のしゃれたカフェ
・健康志向の素材を使ったカフェ
・豊富なランチメニューを提供するカフェ
      ・・・・・

このように、同じカフェ、喫茶でも色々なタイプがあります。
飲食という業種の中に、ターゲット、提供するスタイルなどが違う業態があるのです。

フランチャイズ本部も一つの業態でなく、ターゲットに合ったいくつかのフランチャイズパッケージを提供しています。

フランチャイズで開業する時の資金調達

フランチャイズ加盟して、飲食開業する場合、開業資金国民生活金融公庫国金)などから借入れすることが出来ます。

この場合、自分で作成した事業計画書が必要です。
フランチャイズ本部でも、売上・損益見通しなどを出してくれると思いますが、ご自分で確信できる数値でなくてはいけません。

また、自己資金も総資金の20%以上が目安です。
これより、少ない自己資金比率だと、借入れは難しいでしょう。

フランチャイズ本部によっては、独自の融資制度を持っているろころもあります。フランチャイズの本部とも相談されると良いでしょう。

飲食店は立地が命!

飲食店繁盛するかどうかは、立地に大きく左右されます。
食事時間にいかに、たくさんのお客様を呼び込めるかが勝負なのです。

いくら人通りが多くても、入店していただかなくてはいけません。
また、資金がたくさんあれば、繁華街の一等地に出すことも可能でしょうが、一般の独立開業者には、そうもいきません。

飲食店を出す場合には、まず看板がよく目立つ場所であるかどうか、人の流れに相応しているかどうかを判断してください。

限られた資金の中から、店舗費用を工面するのですから、立地については、くれぐれも身長に判断してください。

フランチャイズに加盟する場合には、本部の出店評価リストがあり、条件をクリアしているかで総合的に判断できます。また、他加盟店を実際に訪問し、経営状態を、自分の目で確かめてください。

飲食店フランチャイズの最近動向

日本フランチャイズチェーン協会調査によると、最近の飲食フランチャイズの動向は、定食屋が店舗数・売上高ともに伸びを示しています。ジンギスカン料理韓国料理フランチャイズも増加し、コーヒーショップ複合カフェも好調です。

飲食のフランチャイズも時代によって、人気のあるフランチャイズチェーンが異なります。以前はお持ち帰り弁当屋や、宅配ピザへの加盟、開業が増加していましたが、ある程度飽和状態にあると考えられます。

今人気の飲食フランチャイズの数年後には、伸びが鈍化しているかも知れません。まずは、独立開業する前に、自分の好きなお店、やりたいことをしっかりと確認してくださいね。

フランチャイズだと良い場所に開業が可能!

飲食立地産業だと言われています。
飲食店が、良い立地開業できれば、多くのお客様に入ってもらえますが、立地が良くなくて独立開業すると、非常に苦戦します。

個人で開業するとなると、いくらお金を持っていても、人通りの多い繁華街やショッピングセンター内などには、なかなかは出店することはできません。

でも、実績のあるフランチャイズチェーンなら、一等地でも開業することが可能ですし、物件紹介、値下げ交渉などの交渉もしてくれます。

すべてのフランチャイズ本部がこうした力を備えいる訳ではありませんが、ある程度の組織力を使った開業、経営のサポートが期待できるでしょう。

飲食店の法人化

飲食店は、個人営業もたくさんありますが、フランチャイズ本部などに加盟すると、法人化した方が、経営面でのメリットが大きい場合が少なくありません。

飲食フランチャイズ加盟後、パートやアルバイトが多くなり、経費も高くつきますので、税金面でも何かと有利です。会社の設立も、今は専門家に依頼しなくても、1人でも行なえます。一度、検討されては?、

株式会社設立問題解決マニュアル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。